恋愛

既婚者へ好意を伝えてはいけない?困るから隠すべき?

「既婚者へ好意を抱いてしまった……」
「不倫したいわけでもないけど、好意だけでも伝えたい……」
「どうしたらいいんだろう……」

なんて経験をされたことはありませんか?

好意を伝えたいけど、相手に迷惑になるかもしれないとモヤモヤした気持ちが拭いきれないですよね。

そこで今回は、既婚者へ好意を伝えてはいけない?困るから隠すべき?についてお伝えします。

本記事では以下についてお伝しています。

  • 既婚者へ好意を伝えてはいけない?
  • 困るから隠すべき?

それではいってみましょう。

既婚者へ好意を伝えてはいけない?

既婚者の方に心を奪われてしまった時、その感情をどう扱えばいいのか迷いますよね。

結論から言うと、伝えるのは賢明とは言えません。

なぜなら、伝えたあとあなたと、あなたが好意を抱いている既婚男性の生活を脅かす危険性があるからです。

それに伝えたい気持ちには、あなたが楽になりたいという気持ちが含まれていませんか?

自己満足のために伝えようとしているなら相手への気持ちは秘めておくべきでしょう。

ですが、それでも相手への気持ちを抑えられないといった方のために、

ここでは、相手へ気持ちを伝えたあとに起こるであろう出来事をご紹介します。

  • 相手の家庭を壊すリスクがある
  • 社会的な立場の損失
  • 相手の負担になる

それぞれお伝えしますね。

相手の家庭を壊すリスクがある

既婚者へ好意を伝えた結果、相手の家庭に亀裂が入る可能性はほぼ確実にあります。

もし相手がそれに応えてしまった場合、家庭内での信頼関係が壊れ、最悪の場合離婚に至ることも。

子供がいる場合は彼らにも大きな影響が及びかねません。

既婚者に対する好意は、いわゆる一般常識に反してしまうのが現状です。

好意を抱いている人からの信頼すら損なう可能性だって考えられます。

社会的な立場の損失

既婚者に好意を伝えることで、あなたの評価が下がることがあります。

特に、職場では注意が必要です。

既婚者へ好意を示す際は、周囲の同僚に見られないように慎重に行うべきです。

もし周りに勘ぐられてしまうと、不適切な関係が疑われる可能性が高いです。

職場での噂の原因となる可能性だってあります。

これにより、あなたと意中の既婚者、双方の職場での居心地や仕事への影響が懸念されます。

相手の負担になる

既婚者へ好意を伝えることで、相手にとって大きな負担となる可能性があります。

相手があなたの気持ちに応えられない場合、どのように関係を続けていくか、または終わらせるべきか悩んでしまいます。

正直にいうと、ストレスを感じることとなります。

仮に相手が好意が受け入れられたとしても、既婚者という立場から浮気は確定です。

将来を考えたとき、不安定な関係は精神的な負担となりますよね。

恋愛感情は誰にでもある自然な感情です。

しかし、既婚者に対して伝えるかどうかは慎重に考える必要があります。

告白する・しないの判断基準は?

相手へ伝えない方が良いと思っても気持ちがどうしても抑えきれないあなたへ。

ここでは、相手へ好意を告白する・しないの判断基準を3つご紹介していきます。

  1. 社会的リスクや評価よりも優先できるか
  2. 既婚男性が結婚に後悔しているか
  3. 長期的な覚悟があるか

それぞれお伝えしますね。

社会的リスクや評価よりも優先できるか

既婚者に好意を伝える前に、その行動がもたらす社会的な影響・リスクを考えましょう。

「職場や共通の知り合いからの目」・「世間の目」を想像することが重要です。

特に、既婚男性の家庭やその関係を壊すことは深刻な結果を招く可能性があります。

自分の好意を伝えたい・気持ちが溢れ出しそうで我慢できないと方は、

相手へかかるリスクを考えるべきです。

既婚男性が結婚に後悔しているか

相手の現在の状況を理解し、それに基づいて行動を考えていきましょう。

既婚男性が幸せな家庭を築いている場合、あなたの好意が彼にとって重荷となる可能性が高いです。

逆に、今の奥さんと結婚したことを後悔している気持ちが露呈しているのであればチャンスはあります。

既婚者の感情や家庭の状況を尊重し、その上で自分の気持ちをどのように処理するかを考えることが大切ですよ。

長期的な覚悟があるか

一時の感情に流されるのではなく、長期的な覚悟を本当に持っているのか考えましょう。

今の自分の気持ちを伝えたい強い願望に対して、将来に本当に後悔しないか・相手の家庭を壊す覚悟はあるのか。

どのような影響を招いてしまうのか深く考えることが重要です。

普通の恋愛とは、かけ離れた状況になるのは間違いありません。

仮にうまくいったとしても既婚者はバツイチになります。

相手は慰謝料・養育費など金銭的にも苦労する可能性は十分考えられます。

そんな相手を、思いやりを持って長期的に愛することができるか考える必要性があります。

好意を諦めきれなくて辛い時の対処方法

好意を伝えるのは賢明ではないことはわかったけど、この気持ちをどうすればいいのかわからない。

どこにこの気持ちをぶつければいいのかわからず、辛いですよね。

ここでは、少しでも辛い気持ちを軽減するための対処方法を5つご紹介していきます。

  1. 自分の感情・気持ちを認める
  2. 自分をとことん労わる
  3. 信頼できる人へ相談する
  4. 新しい趣味や関心を見つける
  5. 心理的な距離を置く

それぞれお伝えしますね。

自分の感情・気持ちを認める

相手への感情は否定しても消えるものではありません。

勘違いされがちですが、相手へ好意を持つこと自体は決して悪いことではありません。

まずは、自分の感情・気持ちを素直に認めることが大切です。

また、恋愛感情があることに辛いと感じてしまうのは、自分自身に非があると無意識に自覚しているからです。

まず相手への気持ちを許して、受け入れることから始めましょう。

恋している相手が既婚者である現実をしっかりと認識し、

その関係が及ぼす可能性のある影響を理解する。

どのような結果になるかを考慮することが重要です。

これは、自分だけでなく、関わるすべての人にとって最善の選択をするためのステップです。

自分をとことん労わる

実らない恋愛とわかっている恋愛ほど苦しいものはありません。

その気持ちを受け入れることは、かなり辛いことだと思います。

そんな時は、とことん自分を労いましょう。

自分の部屋を自分の好みで飾り、好きなお菓子を楽しんだり、長い間欲しかったものを購入することで、とことん労いましょう。

信頼できる人へ相談する

友人や家族など、信頼できる人へ今の感情を相談しましょう。

誰かに話す好意は、辛い気持ちを軽減する効果があります。

友人や家族が、この困難を乗り越える大きな力になってくるはずです。

もし周りの人に気持ちを打ち明けることができない状況なら、第三者である「電話占い」などで相談することも一つの手かもしれません。

新しい趣味や関心を見つける

気持ちを切り替えるために、新しい趣味や活動に挑戦してみましょう。

常に相手を想ってマイナスの気持ちに苛まれているなら、恋愛と無関係な活動に没頭することが最も有効です。

最初は、辛さから何も楽しめないと感じるかもしれませんが、自分に合った活動を見つけると、気持ちが変わることがあります。

新しい趣味に挑戦したり、資格取得のための勉強を始めるのも一つの方法です。そうすることで、恋愛に集中していた時間が減り、自分には恋愛以外の面もあると気付き始めます。

それが次第に気持ちを和らげるきっかけになるでしょう。

自分自身の成長に焦点を当てることで、恋愛感情に囚われる時間が減り、新たな喜びや満足感を見つけることができます。

心理的な距離を置く

好意を抱いている既婚者との接触を減らす、SNSでの繋がりを解除するなど、心理的な距離を置くことも大切です。

距離を置くことで、感情が冷静になり、自分自身を見つめ直す時間を持つことができますよね。

これらの対処方法を一つずつ試してみて、少しずつ前に進んでいきましょう。

大切なのは、自分自身を大事にすることと、周りの人たちにも配慮する心を持つことです。

困難な状況でも、あなた自身の幸せを見失わないようにしましょうね。

相手は困るから隠すべき?

恋心は自由で、誰にでも生まれるもの。

しかし、その気持ちをどう扱うかは、状況をよく見極め、慎重に考えるべきではないでしょうか。

気持ち的にも辛いと思いますが、気持ちは隠すのが妥当です。

相手が既婚者の場合なら尚更です。

自分の気持ちを素直に伝えることは、相手やその家族、そして自分自身にも様々な影響を及ぼす可能性があります。

好意を伝えられた既婚者男性の心理は?

既婚男性に好意を寄せる気持ちは複雑ですが、その気持ちを伝える前に、相手の立場や感情を理解することが重要です。

ここでは、好意を伝えられた際の既婚男性の心理について、いくつかの視点から掘り下げていきます。

それぞれお伝えしますね。

驚きや困惑

既婚男性が突然の好意に戸惑う心理は、多くの場合に起こり得ます。

この驚きは、既婚者の現在の家庭環境や倫理観によっても異なりますが、基本的には自分の立場を考え直すきっかけになることが多いです。

このきっかけというのは、「勘違いをさせてしまった自分の行動の反省」という意味です。

あなたに対して申し訳ない気持ちから行動を改める可能性がありますね。

また誘惑に対する抵抗もしなくてはなりません。

既婚者であれば、家庭や配偶者に対する責任があります。

好意を伝えられた際、多くの男性は誘惑に抵抗し、忠実であり続けようとする心理が働きます。

そういった意味ではストレスを与えてしまうだけで終わってしまう可能性があります。

自尊心が向上する場合もある

誰かから好意を寄せられることは、それだけで自尊心を高めることがあります。

既婚男性も例外ではなく、内心では自分が魅力的なんだと自信を持ってしまうのです。

特に家庭生活に満足していない男性や家庭で男性としての父親としての威厳が損なわれている場合、あなたからの好意を家庭からの逃げ道の一つとして捉えることがあります。

これは危険な兆候で、不倫などに発展する可能性もあります。

罪悪感

正義感が強い男性や、家族愛が深い男性は、他者から好意を寄せられた際に罪悪感を感じることがあります。

彼らは家族との関係を最優先に考え、好意を断ることが多いです。

勘違いさせてしまう行動をとってしまったことに罪悪感を覚えてしまう可能性が高いです。

告白一つでも相手の立場や感情を尊重することが何よりも大切です。

それを忘れずに、あなたの気持ちを大切にしてくださいね。

既婚者男性を好きになってしまう女性の特徴

「なぜかいつも既婚男性のことを好きになる」

そんな経験はありませんか?

ここでは、既婚者男性のことを好きになる女性の特徴を3つご紹介します。

  1. 落ち着いた人格や外見に惹かれる
  2. 社会的地位や成熟さに憧れてしまう
  3. いつも感情に流されてしまう

それぞれお伝えしますね。

落ち着いた格や外見に惹かれる

既婚男性が持つ落ち着きや、成熟した魅力は多くの女性を惹きつけます。

良い意味で「がっついてこない男性」ですね。

さらに、自信に満ちた態度や、配慮深い行動は、未婚の男性とは一線を画す魅力となり得ます。

こうした人格的な魅力や、手入れされた外見が、女性の心を掴んでしまうのです。

また、女性が既婚男性に惹かれる一因として、彼らが持つ経済的、精神的な安定も魅力の1つです。

生活の保障や、豊かな人生経験に対する憧れは、若い女性にとって魅力的に映ることが多いです。

また、既婚男性の落ち着きや包容力に、安心感を見出すこともあります。

社会的地位や成熟さに憧れてしまう

既婚男性が社会で築き上げた地位や名誉、そして人生経験によって培われた成熟さは、特に若い女性にとって、非常に魅力的な要素です。

彼らから学びたい、そばにいたいと感じる女性は多く、その憧れが恋愛感情につながることもあります。

人は誰しも愛情を求める生き物です。

特に、家庭や恋愛関係で愛情が不足していると感じる時、外部からの注目や優しさに心惹かれやすくなります。

既婚男性からの配慮や関心は、心の隙間を埋めるかのように感じられることがあります。

いつも感情に流されてしまう

感情は時に理性を上回ります。

特に恋愛感情は、人を盲目にし、慎重さを欠くことがあるでしょう。

女性は特に、瞬間の感情に流されやすく、後先考えずに行動してしまうことがあります。

この感情の高ぶりが、既婚男性への好意となって現れるのです。

既婚者への好意を抱いた時は、その関係がもたらす影響を慎重に考え、自分自身と相手の家庭を尊重することが大切です。

しかし感情に流されてしまう女性にはブレーキをかけることが困難です。

【まとめ】既婚者へ好意を伝えてはいけない?困るから隠すべき?

本記事では以下についてお伝えしました。

  • 既婚者へ好意を伝えてはいけない?
  • 困るから隠すべき?

既婚者へ好意を伝えてはいけない?と思ってしまうかもしれませんが

伝えないことが賢明です。

相手も困るから隠すべきではありますが、決して好意を抱くことが悪いというわけではありませんよ。

本記事が参考になれば幸いです。

-恋愛