恋愛

好きな人が忙しいとき連絡は控える?LINEもやめるしない方がいい?

「好きな人が忙しいときどう対応していいか分からない……」

「連絡は控えるべきってよく言うけど具体的にはどのくらい控えればいいの?」

なんて思ったことはありませんか?

好きな人の支えになりたい、邪魔したくないとは分かっていても、

連絡ができないのは寂しいって思っちゃいますよね。

そこで今回は、好きな人が忙しいとき連絡は控える?LINEもやめるしない方がいい?についてお伝してきます。

本記事では以下についてお伝しています。

  • 好きな人が忙しいとき連絡は控える?
  • LINEもやめるしない方がいい?

それではいってみましょう。

好きな人が忙しいとき連絡は控えるべき?

好きな人が忙しいとき、連絡は極力控える方がいいでしょう。

忙しい時期は、相手にとってもストレスが多いものです。

そんな時、頻繁に連絡を取ることが好きな人への負担になってしまうこともあります。

しかし、その間どう接すれば良いのでしょうか?

そのまま自然消滅してしまわないか不安ですよね。

でも、控えるからといって好きな人から無関心になるわけではありません。

連絡を完全に絶つのではなく、適切なタイミングで「忙しいときは無理に返信しないでね」といったメッセージを送ることが有効です。

相手の負担にならずに気遣いを示すことができます。

大切なのは、好きな人のペースを尊重しつつ、必要な時に適切なサポートを提供することですよね。

このバランスを見極めることが、好きな人との関係をより深いものにする鍵となります。

それでは、忙しい時期における適切な距離感の保ち方とは何でしょう?

忙しい時の連絡に対する本音は?

そもそも、忙しい時に連絡がくると好きな人はどう感じるのかの本音についてお伝えします。

  1. 嬉しいけれど負担に感じる
  2. 連絡を待っているとき仕事に集中できない
  3. 短いメッセージなら気分転換になる

それぞれお伝えしますね。

嬉しいけれど負担に感じる

相手からの気遣いは心強く感じますが、頻繁な連絡は逆にストレスになり得ます。

忙しい時に連絡が来ると、返信する時間や気持ちの余裕がなく、負担に感じることがあります。

特に男性は、こちらを大事に思っている気持ちは嬉しいのですが、正直放っておいてほしいと思うことが強いです。

大切なのは、相手の忙しさを理解し、状況に合わせたコミュニケーションをとることです

連絡を待っているとき仕事に集中できない

連絡を苦手としている男性の中でも、一度連絡しあうと、返信をすぐしなくちゃいけない心理にかられることがあります。

そのため、こういった男性は連絡内容が気になりすぎて逆に仕事に集中できない傾向が強いです。

仕事中は、たとえ連絡を待っていても、その時点では仕事に集中したいと思うことが一般的ですよね。

ですから、忙しい時は相手の仕事を尊重し、後でゆっくり話せる時間を作るのが好ましいです。

短いメッセージなら気分転換になる

短いメッセージや、面白い写真など、さっと見て笑えるような連絡は、忙しい中でも気分転換になり、ポジティブな影響を与えます。

また、忙しい時でも気にかけてもらえることで、支えられている実感が強くなり、心強く思うこともあります。

「忙しい中ごめんね、時間があるときに返信して」といった、プレッシャーをかけない内容であれば、気遣いとして受け取られやすいです。

相手の負担にならないよう心掛けましょう。

LINEもやめる方が好印象?

好きな人が忙しいときに連絡を控えるのは関係が終わってしまう不安があると思います。

しかし、仕事が忙しいときLINEやDMの連絡を控える方が、相手からは好印象を抱かれやすいです。

以下の理由で好印象を抱かれることが多いですね。

  1. 理解あるパートナーとして見られる
  2. 相手のプレッシャーにならない
  3. 自立していると思われる

理解あるパートナーとして見られる

連絡をあえて控えてくれる相手には、理解がある方だなと好印象を抱いてもらえやすいです。

特に男性は、『言わなくても理解してくれている』ことに憧れを持っている傾向にあります。

配慮があると感じられ、「この人はわかってくれている」「嬉しい」と内心思ってもらえる可能性が高いです。

この先とパートナーとしての株が上がる行為でもありますよね。

相手のプレッシャーにならない

連絡をこまめにしないことで、相手はメッセージの返信に追われるストレスから解放されます。

返信しなければならないというプレッシャーを感じることがなくなり関係性に亀裂が生じることもなくなります。

特に男性はLINEやDM・文章でのやり取りを苦手としている傾向が強いためストレスを感じやすいです。

連絡を控えることにより、仕事のパフォーマンス向上にもつながり、感謝される可能性もありますよ。

自立していると思われる

相手が忙しい時に理解を示し、連絡を控えることで、自立した印象を好きな人へ与えることができます。

これにより、相手は負担を感じずに仕事に専念でき、あなたへの信頼感が深まります。

また、あなたが過度に相手に依存していないことを相手に伝える良い機会です。

相手が忙しい間、自分も趣味や勉強などに時間を使うことで、自己成長に繋げることも可能。

連絡を控える間は、自分磨きに時間を費やし、さらに魅力を上げることもできます。

片思いなら、なおらさやめた方がいい?

LINEでのメッセージは、気軽に思いを伝える手段ですが、相手が忙しいときは逆効果になることも。

特に付き合っていない相手からの連絡ほどストレスになるものはありません。

あまりにも頻繁に連絡がくると彼女ヅラしてくる『めんどくさい女性』と認識されるリスクがあります。

片思い中なら尚更、連絡をやめた方がいいでしょう。

空気を読むためのポイントは?

仕事で忙しいから連絡を控えるとは決めたけど、どうしても連絡したい時ってありますよね。

そんな時は、相手の忙しさを察知し、適切な距離感を保つためのコミュニケーション術が有効です。

  • 好きな人のライフスタイルを理解しておく
  • 非言語的サインに特に注意する
  • 前の連絡からの時間を考慮する

それぞれお伝えしますね。

好きな人のライフスタイルを理解しておく

好きな人の日常のリズムや休日などを理解しておくことで『忙しい時期や時間帯を把握する』することが可能です。

これによって、相手のリラックスしている時を把握し、適切なタイミングで連絡を入れることができます。

例えば休日の前日や退勤時間とかでしょうか。

しかし、やりすぎはNGですよ。

最悪ストーカーまがいな行動に思われる可能性があります。

適度に相手のライフスタイルをリサーチしましょう。

非言語的サインに特に注意する

非言語的サインは、相手のちょっとした仕草や雰囲気など言葉以外で伝えてくるサインのことです。

会話をしているときの表情や態度、返信の速度など、非言語的なサインも重要です。

これらのサインから相手の心理状態を読み取り、適切な行動を選ぶことが空気を読む上で不可欠ですよ。

また、相手メッセージや会話の中で、「忙しい」「疲れた」といった言葉やそのニュアンスに注意深く耳を傾けます。

微妙な表現からも、現在の気持ちや状況を察知し、適切な距離感を保つことができますよ。

そういったニュアンスを察することが苦手な方は、友人に相談することも一つの方法ですね。

前の連絡からの時間を考慮する

前回の連絡からどれだけ時間が経過したかを考慮し、頻度を調整します。

短時間に何度も連絡すると圧迫感を与えかねません。

また、長期間連絡がない場合は、さりげない気遣いのメッセージを送ることが適切かもしれません。

ここまで考えなきゃいけないのかと悲観するかもしれませんが、相手と良好な関係を築くためには思いやりや配慮は必要不可欠なので頑張っていきましょう。

連絡を控えると自然消滅しないか不安?

連絡をすることを控えることはできますが、どうしても自分がどう思われているのか不安ですよね。

このまま自然消滅しないか心配ですよね。

実は好きな人が忙しい期間でも、脈アリかどうか判断することが可能です。

ここでは、仕事が忙しい男性からの脈ありサインについてご紹介します。

  • 彼が限られた時間の中でも連絡をくれる
  • 特別な日には必ず連絡をくれる

それぞれお伝えしますね。

彼が限られた時間の中で連絡をくれる

忙しい中でも、あなたとの連絡を大事にする男性は、限られた時間の中でもコミュニケーションを取ろうとします。

例えば、昼休みや仕事終わりに短いメッセージを送ってくるのは、あなたへの気持ちがある証拠です。

彼は貴重な時間をあなたに使っているのですから、それは彼なりの脈ありサインといえるでしょう。

特別な日には必ず連絡をくれる

たとえどんなに忙しくても、誕生日や記念日などの特別な日には必ず連絡をしてくる男性は、あなたを大切に思っています。

これらの日を覚えておくこと自体が、あなたへの気持ちの表れ。

忙しい中でも優先してくれるのは、あなたが彼にとって重要な存在であることの証です。

連絡頻度を調整する具体的な方法は?

相手の負担にならないように連絡頻度を調整するといっても具体的にどうすればいいか迷いますよね。

そこで相手に合わせた連絡のコツについて解説していきます。

  • 予め連絡可能な時間を尋ねておく
  • 重要な話はまとめて伝える
  • 返信の期待を持たない

それぞれお伝えしますね。

予め連絡可能な時間を尋ねておく

連絡を控えることを決めた時に、事前に相手が応答可能な時間帯を尋ねておきましょう。

その時間に合わせて連絡を取るように決めておけば、お互いの時間を尊重し、無理なくコミュニケーションを取るための良い方法です。

また、相手が忙しくない時に連絡をすることで、双方にとってストレスが減ります。

相手が忙しいときは、長いメッセージよりも短いメッセージが好まれます。

要点を絞り、簡潔に伝えることで、相手の負担を減らしながら必要な情報を伝えることができます。

重要な話はまとめて伝える

重要な話題は、ポイントをまとめて一度に伝えることが有効です。

よく会話を続けようと前置きや短文を送る女性がいますが、仕事が忙しい時は結論から入る文章の方が男性からは好印象です。

これにより、相手が情報を処理しやすくなります。

返信の期待を持たない

忙しい時期には、すぐに返信がもらえないこともあります。

返信を急がせることなく、相手が返信できるタイミングを待ちましょう。

これにより、相手のストレスを減らし、快適な関係を維持できます。

相手の返信のスピードや内容から、現在の忙しさを推測し、それに応じて連絡の頻度を調整します。

相手が忙しいサインを見せたら、少し間隔を空けるなど、臨機応変に対応しましょう。

【まとめ】好きな人が忙しいとき連絡は控える?
LINEもやめるしない方がいい?

本記事では以下についてお伝えしました。

  • 好きな人が忙しいとき連絡は控える?
  • LINEもやめるしない方がいい?

「好きな人が忙しいときでも支えてあげたい。」

でも邪魔にもなりたくないから連絡を控えてしまうんですよね。

こういったジレンマに陥りやすので、何もしない方がいいのでは?と思ってしまうかもしれません。

ですが、決してそんなことはありません。

方法を知ってさえいれば、相手の負担になることなく刺さることは可能です。

LINEで支える際の注意点などもお伝していますので、

本記事が参考になれば幸いです。

-恋愛