恋愛

ありがとうの返し方でモテるかが決まる?好きな人からのLINE対策5選!

好きな人から「ありがとう」って言われた。

それだけで気持ちが昂って嬉しいですよね。

でも、返し方が分からず挙動不審になったり、そっけない態度をとってしまった経験があるのではないでしょうか?

緊張して空回りしてしまいますよね。

そこで今回は、ありがとうの返し方でモテるかが決まる?好きな人からのLINE対策5選!についてお伝えします。

本記事では以下についてお伝えしています。

  • ありがとうの返し方でモテるかが決まる?
  • 好きな人からのLINE対策5選!

それではいってみましょう。

ありがとうの返し方でモテるか
決まる?

「好きな人からのありがとうの返し方が分からない……」

そんなことを思ったことはないでしょうか?

直接言われた時も、LINEのやりとりでも、

相手に嫌われたくない気持ちから、いろいろな返し方を考えてしまいますよね。

結局「お、おう……」とか、「いえいえ」など、
そっけない返事になってしまった経験があなたにもあるはず。

「もっと良い返し方があるでしょ!」と心の中で思ったこともあるのではないでしょうか?

こういったシチュエーションで、スマートに返事ができるとモテるイメージがありますよね。

ここでは、モテるありがとうの返し方についてお伝しますね。

結論から、お礼の言葉・ありがとうを、
いかにスマートに返信できるかでモテるかが決まります。

特に文面のみのLINEなどでは「ありがとう」の返し方で、相手に与える印象に大きな影響を与えます。

なぜなら相手が「ありがとう」と発言している時点で、心地よい感情が芽生えているからです。

心理学的に「ありがとう」と口に出すだけで、
脳には複数のポジティブなホルモンが分泌されます。

これには次のものが含まれます。

  • セロトニン:幸せを感じさせるホルモン
  • ドーパミン:集中力と意欲を高める幸福物質
  • オキシトシン:絆を深めるとされるホルモン
  • エンドロフィン:免疫力を向上させる効果がある

つまり「ありがとう」の返し方一つで意中の相手へ、

より幸福度ももたらした良い印象を与えることが可能となるわけです。

ありがとうのモテる返し方

感謝の気持ちを表現する「ありがとう」は、
コミュニケーションにおいて重要な役割を果たします。

特に恋愛においては、この一言が大きな印象を残す可能性が大いにあります。

では、どのような「ありがとう」の返し方がモテる魅力的な言葉なのでしょうか。

  • こちらも助かったことを伝える
  • 相手の行動も具体的に褒める
  • 素直に受け取る

それぞれお伝えしますね。

こちらも助かったことを伝える

「ありがとう」への返答は、
こちらも助かることを伝える謙虚な姿勢を見せるようにしましょう。

まず心からの感謝を伝えることが大切ですよ。

素直に感謝の気持ちを表現することで、
相手にあなたの誠実さ・謙虚さを伝えることができます。

たとえば、
「いやいや。●●さんのおかげでこっちも助かったよ。ありがとう。」

というような、心を込めた言葉を選びましょう。

自分は役に立っている印象を相手へ与えることができます。

相手の行動も具体的に褒める

相手の行動に対して具体的な感謝の言葉を述べることも重要です。

たとえば、
「いつもサポートしてくれてありがとう。君のアドバイスはいつも心に響くよ」

といった具体的な感謝の言葉が、相手にあなたの真剣な姿勢を伝えます。

「あなたがいてくれたから」というニュアンスが含まれていると、相手はより一層、幸福度が増します。

次第に、あなたと関わることに居心地の良さを覚えてくれます。

「ありがとう」への返答は、
今後の関係を深めるきっかけにもなります。

たとえば、「これからもよろしくね」といった言葉を添えることで、

これからも続く関係を期待させることができますよね。

素直に受け取る

「ありがとう」と言われた際、「どういたしまして」と素直に受け取りましょう。

「どういたしまして」と返すのは一般的な対応です。

この返答には、笑顔や温かな視線を加えることで、
相手に親近感と安堵感を提供できます。

相手の行為に対して評価を示し、共感を表すために「いえいえ、こちらこそありがとう」と言うことも有効です。

これにより、相互の感謝の気持ちを深めることができます。

よくお礼をされると「この程度のこと……」と返してしまうことがありますが、せっかくお礼した側からすると悪い印象を持たれる可能性もあるので注意です。

「あなたがこの程度の思っていることでも、私にとっては重要なことだからお礼を言ったのに……」

と思われてしまうことも。

お礼を素直に受け取ることが、親近感や安堵感を相手に与えることができます。

また、個人的な連絡を添えることで、より親密な関係を築くこともできます。

「ありがとう。今度、お礼にコーヒーでもおごるね」といった言葉で、実際に会って感謝の意を示すことができます。

これらの「ありがとう」の返し方を心がけることで、恋愛においてもより良い印象を相手に与えることができるでしょう。

感謝の気持ちを上手に表現し、相手を思いやることが、魅力的な人間関係を築く秘訣です。

モテる男の返信テクニック3選

モテる男性は必須と言っていいほど使っているテクニックを3つご紹介していきます。

これを自然と使いこなすレベルまでにすれば、女性へ好印象を与えてることが可能となります。

  • 女性の感情を理解し、共感する
  • 女性を主役にする
  • 女性のLINEの特徴に合わせる

LINEでのコミュニケーションにおいて、
女性に共感を示すことは非常に重要です。

以下の点を心がけましょう

女性の感情を理解し、共感する

女性は、自分の感情を理解し、
共感してくれる人に対して好感を持ちやすいです。

彼女の話を注意深く聞き、感情に寄り添うよう努めましょう。

LINEなどは直接コミュニケーションを行うときと違って、返答をじっくり考えることができます。

彼女の話の趣旨を理解し共感することを第一に考えることが重要ですよ。

時には正論を述べるよりも、共感を示すことが重要です。

正論を並べるだけでは、「相手の気持ちを理解しようとしていない」と感じられがちです。

特に男性は、問題を解決する話し合いが有意義であると感じてしまう傾向にあります。

良かれと思って出した解決策を提示しても、
女性側からすれば大きなお世話と感じられてしまうケースもあります。

LINEなどのテキストメッセージでは感情が伝わりにくいのデメリットの一つです。

なのでLINEでは言葉を普段より慎重に選び、共感や理解を示す表現を用いましょう。

女性の感情に寄り添い、包容力を示すことで、LINEでのコミュニケーションはより深いものになるでしょう。

女性を主役にする

会話の焦点を必ず女性側に合わせましょう。

彼女の話題や興味に関心を持つことが大切です。

彼女の意見や感想に耳を傾け、共感を示しましょう。

また、女性を褒めることは、
彼女がメッセージのやり取りを楽しむための鍵です。

ただし、誇張されたり、不自然な褒め言葉は避けましょう。

彼女の特質や行動に対して、
心からの感謝を表現することが重要です。

特に自己肯定感がやや低めの女性は、
過度の褒め言葉が不誠実であると映りかねません。

自分の本心から出た、
自然な褒め言葉を使うことが肝心です。

彼女の性格・趣味・才能に対する具体的な褒め言葉が好ましいですね。

ここで冗談っぽく、
「本心で言っているんだよw」のような嘲笑的ニュアンスで受け取られてしまうと、

女性は一気に心を閉ざしてしまう傾向にあります。

ここは真面目に本心であると伝えることで、
信頼できる人間であると印象付けることが可能です。

モテる男性のLINEなどのメッセージの特徴は、
女性を称賛し、彼女を中心に据えることが最も重要ですよ。

女性のLINEの特徴に合わせる

女性のLINEのスタイルに合わせることも大切です。

絵文字を多用する女性には同様に絵文字を使い、
絵文字の少ない女性には控えめにします。

また、メッセージの口調や長さも相手に合わせることがポイントです。

「この人とのLINEは気を遣わないで済む」と女性に感じさせ、
よりリラックスしてやり取りを楽しむことができるでしょう。

魅力的なLINEのやり取りを目指す場合、
返信はできるだけ早めに行うことが重要です。

わざと返信を遅らせるのは、
「自分への関心が低そう……」と受け取られるリスクがあります。

ただし、すぐに返信するのではなく、
1時間以内に返信し、流れるような会話を心がけましょう。

相手の返信頻度に合わせることが何よりも重要です。

中には返信が早すぎると、
無自覚にプレッシャーを感じてしまう女性もいるので注意が必要です。

好きな人からのLINE対策

LINEは恋愛において重要な連絡手段です。

特に、好きな人とのやり取りでは、返信の仕方ひとつで大きく関係を左右することがあります。

そこで、女性からのLINEへの返信では、過度にグイグイいく態度は避けることが重要です。

  • 余裕のある姿勢を崩さない
  • スタンプだけの返し方を身につける
  • 即座に返信しない

余裕のある姿勢を崩さない

連絡のやり取りといえど、
余裕が崩れるようであれば相手からの心象は悪くなります。

ネガティブな内容は程々にし、短くてもポジティブな内容を徹底していきましょう。

相手に余裕のある印象を与え、
好印象を持たれる可能性が高まります。

スタンプだけの返し方を身につける

女性からスタンプだけのLINEが届いた場合、
彼女がこれ以上は気分が乗らないか、忙しい可能性があります。

ここで空気を読まず、グイグイいってしまうと印象が悪くなります。

いわゆる「察することができる人間」になることを常に意識しておきましょう。

即座に返信しない

相手との会話ペースを合わせることは
「基本中の基本」と言われれています。

相手から連絡が来てもすぐに返信せず、少し時間を置くのが良いでしょう。

そうしなければ相手もすぐ返信しなければいけないと逆にプレッシャーを与えかねません。

ですが、時と場合によるという意識を常に持っていましょう。

お互いに時間が空いている時や、やり取りが継続できる時間帯、

それこそ夜間の場合は即座に返信しましょう。

LINEが続いている場合は
デートに誘うチャンス!

LINEが続いている場合は、
デートに誘う絶好のチャンスです!

ですが、ここで焦ってしまうと

「余裕がない人」認定をくらってしまうリスクがあるので注意が必要です。

  • 適度な質問を心がける
  • ポジティブな話題を選ぶ
  • 簡潔で読みやすいメッセージを心がける

これらに注意しつつ、それとなく誘ってみましょう。

ただし、質問ばかりするのは避け、適度な会話に質問を取り入れることが重要です。

質問は、あなた自身が相手に関心を持っていることを示す手段です。

しかし、質問攻めになると、しつこい印象を与えてしまいます。

質問に対する答えをもとに、会話を自然に広げてデートへ誘うことを意識しましょう。

【まとめ】
ありがとうの返し方でモテるかが決まる?
好きな人からのLINE対策5選!

本記事では以下についてお伝えしました。

  • ありがとうの返し方でモテるかが決まる?
  • 好きな人からのLINE対策5選!

ありがとうの返し方でモテるかが決まるのかついてですが、結論を言えばモテます。

スマートに返してきてくれたら感謝の言葉を言った側も気持ちよくなりますよね。

何より素っ気ない態度だと「興味ないのかな」と思わせてしまう可能性がかなり高いです。

好きな人からのLINE対策もしっかりしていきましょう。

-恋愛