婚活女子必見!やめて良かった結婚エピソード3選

2016/05/08結婚・離婚コメント(0)

L1605041

 

 

現在、婚活まっしぐらの女性の皆さん!

「結婚したい!」「早く両親にウェディングドレス姿を見せてあげたい」という想いが強くなるほどに、周りが見えなくなって良くない相手を選んでしまいがちです。

 

そこで今回は、婚活女子の皆さんに是非知っておいて頂きたい、実際にあった婚活エピソードをご紹介していきます。

タイトルは「やめて良かった結婚エピソード」です。一緒に確認していきましょう。

 

 

1. 相手もただ結婚したいだけだった編

 

婚活パーティーで知り合った彼とは、とても気が合いトントン拍子で交際へと発展しました。そして、付き合って1か月の記念日にプロポーズ!

「これが、運命なんだな。」なんて、甘いことを考えていましたが・・・大間違い。

彼に「私のどこが好きなの?」と聞いたら、彼は「親も年を取ってきたから、すぐに結婚したかった」と言ったのです。

私は彼の親孝行のためだけに、結婚する相手として選ばれたのでした。

正直、幻滅しました。

 

 

2. 親思いではなくて、極度のマザコンだった編

 

「母親の体調が心配なんだ」と言った彼の優しさに惚れてしまった私。

けれども、だんだん親思いではなくて、ただのマザコンだということに気が付きました。

例えば「ママの決めた日付に結婚したい」「今度の僕の誕生日は、実家の両親のもとで過ごすね」など、全てが私ではなく母親中心の毎日。

結婚の日取りまで母親が決めるなんてありえないということで、婚約破棄しました。

 

 

3. 何でも自分に頼ってきた編

 

婚約をして、いよいよ結婚式の準備に入りました。

彼に色々と相談しても「わかんなーい。決めていいよ」「どこでも、何でもいい」「○○が全部しておいて」と、100%私を頼りまくりの彼。

正直、今後一生このような状態が続くのかと嫌気が差して、結婚は取りやめました。

今では、大正解だったと思っています。

 

いかがでしたか?いくら結婚をしたいからと言って、ろくでもない男に引っかかっては意味がありません!十分に吟味するようにしましょうね。

 

 

◆あなた自身がもっと魅力的になって、婚活に臨みましょう!

デスク業務が多い方必見!座りながら出来るダイエット方法」(なつめ・Diet)

PAGE TOP ↑