お母さんは専業主婦だったらしい。彼があなたに期待することは?

2016/04/16家族構成, 男性の特徴コメント(0)

 L1604071

 

 

「小学校の頃は、母親の手作りおやつを良く食べていたなぁ」

「うちのおふくろは、専業主婦だったよ」

と彼からこのような話を聞いた場合は、ちょっと身構えておくことが必要です。

 

なぜなら、母親が専業主婦の家庭で育った彼は、あなたに期待してしまうことが多いからです。

いったい、どのようなことを期待するのでしょう。一緒に確認していきます!

 

 

心のどこかで専業主婦になって欲しいと思う

 

もし、彼が幼い頃に専業主婦のお母さんに作ってもらったおやつや、いつでも母親が自宅にいるという安心感を嬉しく思っていたのであれば、自分の子供にも同じような環境を望む傾向があります。

 

表には出さないけれども、心のどこかでは「奥さんには専業主婦になってもらいたい」という想いを抱いていることが多いのです。

考え方には個人差がありますが、自分が嬉しい気持ちになったことは同じことをしてあげたいと思うのが人間の正直な気持ちと言えるでしょう。

 

 

手作りに厳しい!

 

専業主婦の家庭で育った彼には、手作りスイーツをあげる時にも気を付けなければいけません。なぜなら、お母さんが手作りしてくれたスイーツのクオリティが高かった場合、あなたの手作りスイーツにそれほど驚きや嬉しさを感じない可能性があるからです。

 

手作りスイーツに慣れていない人は、きっと自分のために手作りをしてくれたという事実に嬉しさを感じるでしょう。

しかしながら、自分のために作ってもらうことに慣れている場合は、大して驚かないという可能性もあります。

 

 

してもらうことに慣れている

 

専業主婦の家庭で育つと、家の中がキレイに片付いていて、その上お料理も手の込んだものがでてくるというケースが多いです。

しかし、共働き家庭はそのようにはいきません。週末にまとめて掃除や洗濯をしたり、時にはスーパーのお惣菜が食卓に並ぶこともあるでしょう。

 

ところが、何でもお母さんにしてもらうことに慣れていると、なかなか手抜き家事を受け入れられない人もいます。

このような男性ばかりではありませんが、結構面倒くさい相手であるかもしれませんね。

PAGE TOP ↑