30代なのに実家住まいの彼、これって大丈夫?

2016/04/08男性の特徴コメント(0)

 L1604041

 

 

「ごめん、今日ママがご飯作って待っているから帰るわ」

「いつも母親が、洗濯と掃除をしてくれているんだ」

という彼の一言で、思わず凍り付いてしまったあなた。

 

間違いなく、あなたの反応が正しいと思います。

入社直後はお金に余裕がないかもしれませんが、30代にもなれば自分で家を借りて、生活していく余裕はあるはずです。

それなのに、30代なのに実家住まいの彼ってどうなのでしょうか?

これを機に、1回考えてみましょう。

 

 

男の実家暮らしが許されるのは、20代前半まで

 

特別な事情が無い限り、男の実家暮らしが許されるのは「20代前半」までと心得ておきましょう。確かに入社直後は環境に慣れるのに精一杯ですし、給料も余裕を持って1人暮らしを出来るほどもらえないかもしれません。

そこで、新社会人としての生活が落ち着くまでは、実家暮らしとなっても致し方ないと思います。

 

 

母子家庭、その他特別な事情がある場合は除く

 

「母親1人で自宅に置いておくのが、不安だ」「おじいちゃんの介護をしなくちゃいけないから、実家から離れられない」などの特別な事情を抱えている人もいます。

そのような場合は、実家暮らしをしている彼を責めることはしてはいけません。

心得ておきましょうね。

 

 

30代男性は自立すべき!

 

30代なのに、いまだに実家でぬくぬくと暮らしている男性は要注意です。

その上、洗濯・料理・掃除・片づけなどの家事の一切を母親にお願いしている場合は、一番厄介なパターンでしょう。

自分で何でも出来ない男は・・・結婚してから苦労しますよ!

 

いかがでしたか?30代になっても、実家暮らしをしている男性が全員ダメ男と言うわけではありません。

しかし、その可能性は十分にあるので、警戒しておくことも大切です。転ばぬ先の杖ですが、こういう視点を持つことも、先々、我が身を助けてくれます。

PAGE TOP ↑