これぞ究極の愛の物語!世界中で語り継がれる「賢者の贈り物」

2014/11/02名言・お話コメント(0)

L1410141

 

 

世界中で語り継がれる究極の愛!

 

世界中で語り継がれる愛の物語は数あれど、これぞ究極の愛!と言いたくなるような1つの物語をご紹介します。全てを知った後、心が洗われるような感覚になること間違い無しです。

オー・ヘンリー著「賢者の物語」を紹介します。

 

それは、とある夫婦の物語

 

 L1410142

 

昔、とある貧しい夫婦がおりました。夫は妻を思い懸命に働き、妻もまた夫を思い知恵を絞って家計を支えましたが、どうしても食べるのがやっとの生活。

ある年のクリスマスに、夫は妻へクリスマスプレゼントを贈りたいと思いました。

しかし、暮らすため以外の余分なお金はもちろんありません。そこで、日ごろ大切にしていた懐中時計を売り、妻に内緒でプレゼントを用意しようと考えました。懐中時計を売った夫は、長くキレイな髪の毛を持つ妻にが以前からあこがれていた美しい鼈甲の櫛を買いました。

 

そんな事とはつゆ知らず、妻もまた夫に内緒でクリスマスプレゼントを用意しようと考えていました。

プレゼントを買うお金を用意するために妻が出来る事と言えば、自慢の美しい髪の毛を売るしか思い付きませんでした。そうして妻は、夫が大切にしている懐中時計に合う、金の鎖を買ったのです。

なんとも皮肉な結果になってしまったクリスマスですが、夫婦の絆が深まったのは言うまでもありません。

 

 

このお話が気付かせてくれる、とてもシンプルなこと

 

L1410143

 

 

お互いが、自分よりも相手の事を想うがゆえに起こってしまったすれ違い。しかし、こんなすれ違いが出来る二人を羨ましく思う人も多いのではないでしょうか。

オシャレなレストランや高価なプレゼントなど物質的な豊かさよりも、何より素晴らしいのはお互いを大切に思いやり、感謝の出来る絆のようなもの。そんな見失いかけていたシンプルな考え方に立ち返らせてくれる、とても素敵なお話ですね。

PAGE TOP ↑