「彼に好かれたい」という想い以上に、そもそも彼好みの女性像になりたいのかを考えてみましょう!

2014/08/14付き合い方コメント(0)

 L1408111

 

 

 

 

彼好みの女性になりたい!

 

女性は誰かを好きになると、自分もその彼に好かれたくて陰ながら彼の好みをリサーチしてみたり、彼のちょっとした言動から彼のタイプを憶測してみたり、そして自分がその彼のタイプに少しでも近づきたくて、一生懸命努力をするんですよね。あぁ、本当に健気で愛らしい姿だと思います。

しかし、彼のタイプに近付くために無理やり自分を変える必要はありません。本当のあなたと遠くかけ離れた状態でもし恋を始める事が出来たとしても…?!答えはご想像の通り、残念ながら恋が進むにつれて、お互いのギャップに疲れたり幻滅をしてしまったりと、おそらく良い結果にはならないのではないでしょうか。

 

 

ここで少し考えてみましょう!

 

L1408112

 

 

とは言っても、彼好みの女性になるなと言っているわけではもちろんありません。

彼好みの女性像に、「あなた自身がなりたいのかどうか」を今一度よく考えてみて下さい。

例えば、彼の好みが「古風でおしとやかな女性」だった場合、おそらく彼は、奇抜なセンスを持ち新しい事にチャレンジし続ける情熱溢れるタイプの女性を、恋愛対象としては見れないかもしれません。

だからといって、もしあなたが情熱の塊のような女性だったとして、彼の好みに合わせて古風な女性を演じ続けたとしても、結局は冒頭のような残念な結果になってしまう可能性は極めて高いと言えるのではないでしょうか。

しかし、もしあなたが今まで培ってきたキャラクターゆえに、今は奇抜な印象の女性だったとしても、いずれは日本古来の3歩下がった女性像になりたい!と憧れているのならば、ぜひこの恋をきっかけに自分を良い意味で変えていく事も、とても良い事だと思います。

 

 

あなた自身がどうなりたいのかが肝心です!

 

L1408113

 

 

もしあなたが、彼の好みの女性像に共感出来るのでしたら大いに変貌を遂げるチャンスだと思いますが、もしも彼の好みの女性像に共感出来ないのでしたら、無理に自分を変えてしまう事はとてももったいない事ではないでしょうか。あなたの魅力は、「あなたにしかない」魅力ですよ!

やみくもに彼の理想に近付こうとする前に、この恋があなたという人間の成長につながるのかどうかを、一度じっくり考えてみて下さいね!

 

PAGE TOP ↑