初めからオンリーワンは目指さなくて良し!

2014/07/09恋愛テクニックコメント(0)

まずは男性のストライクゾーンについて考える

 

L1407062

 

 

女性と男性では、そもそも異性に対してのストライクゾーンの大きさがまるで違います。

例えば女性なら、対象年齢の異性が10人いたら、その中でお食事をしてみてもいいかな、と思える男性は2~3人が良いところではないでしょうか。

しかしこれが男性となると、10人の女性に対して7~8人はイケるというから驚きです。

男性にはより多くの子孫を残すべくDNAが組み込まれている、なんて話を思い出しますね。

 

まずは最初の7~8人になれればOK!

 

 

L1407061

 

 

女性が男性を好きになる場合は、「どうしてもこの人じゃなきゃとイヤ!」となりがちですので、同じように男性も女性を好きになる時にはそう思うはずだと思い込みがちですが、相手はなんといっても、10人中7~8人は恋愛対象に思える男性とゆう生き物なのです。自分にとって相手がオンリーワンの男性だからといって、同じように自分も相手にとってのオンリーワンになろうとすると、つい力が入って変な方向に先走ってアプローチしてしまいかねません。

まずは最初の7~8人に入ることが出来れば合格点です。そこの入れればあとは有効なアプローチを続けるだけです。

最初の7~8人に入る事は決して難しくありません。その判断基準はせいぜい、「連れて歩いていて恥ずかしくないかどうか」くらいのものです。この例えでオンリーワンを表すと、「連れていて多くの人に自慢出来る」のレベルですから、初めからそこを目指すとしんどくなります。これではせっかくの恋がつらい修行のようになってしまいます。

 

恋を楽しみながら可愛くなりましょう!

 

L1407063

 

 

恋をしたら、初めから相手の男性にとってのオンリーワンは目指さなくてもいいのです。本来恋は女性を可愛くしてくれる魔法のようなものですから、まず自分が最初の7~8人に入れているウキウキ感も上手に利用して、さらに可愛くなりましょうね!

 

 

 

 

PAGE TOP ↑