好きな人には優しく、好きじゃない人にもほどほどに優しく

2014/07/06モテる女性コメント(0)

L1407041

 

 

 

男性と女性では、受け取り方が違う

 

男性と女性では、体の作りが違うように心の作りも違います。

人間としての個体差ももちろんありますが、やはり男女では基本的な部分が大きく違います。

女性には元来「お姫様願望」が備わっています。自分だけは特別だと思いたいのです。

ですから、他の女性には冷たい態度の男性が自分にだけは笑顔を見せてくれる、というようなシチュエーションにはグッときますが、みんなに優しい男性の事は逆に「軽そう」と軽蔑するものです。

では果たして、立場が逆だった場合に男性も同じように感じるのでしょうか?

 

男性が好感を持つのは、特別感よりも裏表の無さ

 

 

L1407043

 

男性は、女性の計算高さに強く警戒心を抱きます。

いわゆる「ぶりっこ」に騙されないように注意しています。なぜなら、そもそも「ぶりっこ」に簡単に騙されてしまうからです。弱点だからこそ、警戒を強めます。

冒頭にあった「自分にだけは優しい」パターンは、女性だと特別意識を刺激されていい気分だったりしますが、逆に男性の場合だと「あぁ、この子はぶりっこなんだな」と思われてしまいます。

他の男性に冷たくしていた態度が本性で、いつかは自分もあんな風に冷たくされてしまうかもしれないな、と思われてしまい、恋愛対象から外されてしまいかねないのです。みんなに優しくしていれば、心底良い子なんだな、と思い好感を持つのが男性なのです。

 

単なる良い子で終わらないために

 

L1407042

 

 

女性からしたら、自分がそうされたら嬉しいように、自分も好きな男性にだけ特別優しくしたいと思うものかもしれませんが、そこは男性の受け取り方を逆算して、好きない人以外にもほどほどに優しく接しておく事をオススメします。

ただ、単なる良い子だと思われてしまわないように、好きな人にだけは少しアピールを加えて「特別感」を伝える事もお忘れなく!

PAGE TOP ↑