追う楽しみを男性に譲ってあげよう!

2014/07/02恋愛テクニックコメント(0)

L1407021

 

恋を急ぎそうになったら深呼吸!

 

 

男性を好きになると、つい無意識にその人の事ばかり考えてしまいますね。

朝昼晩問わず、今彼は何してるかな、といった現実的な事から、もし彼とこんなデートが出来たら…などの妄想に至るまで、

恋する乙女のノーミソはフル回転で愛しい彼の事ばかりを考え出します。

そうやって考えているうちに、自分の中の妄想だけではやっぱり足りなくなりますよね。

連絡先を知っていればメールや電話をしたくなりますし、居場所が分かるなら会いたくなります。

ですが恋心とは欲望の塊ですから、メールをすれば声が聴きたくなるし、声を聴けば会いたくなるし、会えば触れたくなるものです。

会うまでなら告白しなくても出来ますが、そこから特別な関係になりたいと思うなら、自然の流れだけでは限界があります。

手っ取り早く相手の男性に恋愛対象して意識してもらいたくて、早々と先走って告白してしまいそうになる事はありませんか?もしそうなるなら、そこで深呼吸です。

 

 

男性の本能を考えてみよう

L1407022

 

相手のペースを無視して先走って女性から告白した時の勝率は、限りなく低いでしょう。

男性には狩猟本能があります。女性にもあるでしょうが、男性のそれは女性に比べてとても強いです。

狙った獲物が欲しいから狩りをするというよりも、狩りをしている事自体が楽しいのです。それが狩猟本能です。

ここが、狩猟本能の弱い女性には理解が難しいところなのですが、単に獲物が欲しいだけならそれはただの物欲です。

物欲ではなく、「狩り」という行為自体が楽しいのが狩猟本能です。獲物自体が欲しいというより、獲物をしとめる事が楽しいのです。

それを前提に考えると、先走って女性から告白する事の自滅さがよくわかると思います。

それは単に、男性から狩りの楽しみを奪ってしまってるだけなのです。

 

恋愛の本当の目的を見失わないように!

 L1407023

 

 

あなたの目的が、「好きって言ってすっきりしたい」ではなく、「この恋を成就させる事」ならば、

相手に対して気のある素振りだけでとどめておいて、相手に「追う楽しみ」を存分に味わわせてあげましょう!

PAGE TOP ↑